周杰倫に仕える「くのいちブログ」

「周杰倫日本演唱會誘致計画」スタッフによるブログ
(不定期更新)

ホームページURL jaychoujapan.the-ninja.jp

気になる言葉】「ファンシー」

杰倫と鈴木杏ちゃんが英語でコミュニケーションを取っていると聞いて、誘致計画スタッフたちとこんな2人の会話を想像をしたことがあります。

以下あくまで想像---

(杰倫の登場で騒ぐ日本迷を見て)

杰倫:「(もちろんこんなときもしたり顔で)They are my ファンシー」

杏ちゃん:「ファ、ファンシー??」

続きを読む

もうすぐ「イニD」公開です!

741ed12a.jpg
中国では、イニD公開まで1ヶ月をきりました!
(香港、中国では、6月23日から「イニシャルD」が公開される予定です)
 
そろそろ、上海の映画館でも「イニD」情報が入手できるのでは…と思い、
週末に映画館へ行ってみたら、
各映画館ありました!われらがJAYさまのポスターが!(パチパチパチパチ・拍手)

ネットでは何度も見ている写真なのですが、街の映画館に貼ってあるのを見ると、「大スクリーンでJAYさまが拝めるも近いんだわ!」と興奮してしまいました。
しかも、イニDは、「来月の注目作品!」とかいう特別枠に貼ってありました。
うーーーん、誇らしい。

まだ、詳しいお知らせはありませんでしたが、6月に入ればいろいろ出てくるはず。(ワクワク)。
そして、映画が公開されると、関連商品なども販売されて、私はいつものごとく、「イニシャルD」キーホルダーや「藤原とうふ店(自家用)」ステッカーなんかを、バンバン買ってしまうんだろうなぁ…。車、持ってないのに。(不安)
 
香港、中国、同時公開ってことは、舞台挨拶は香港ですよね。
舞台挨拶が直接見られないのはちょっと残念ですが、きっと、その頃には、テレビやネットのニュースにも、イニDニュースやJAY情報がバンバン出てきますよね。(わーい!)
 
日本での公開は9月!
舞台挨拶やイベントがあるのなら、仕事そっちのけで里帰りしてしまうかも…。(また不安)
 
(kana)

来年こそは!

おはようございます!
久々のたろです。昨夜の金曲賞、ドキドキしながら鑑賞しましたが
今年も取れませんでしたね。。。でもまた来年があります!
髭もなく、爽やかな杰倫さんでした。
黒のシャツに白のジャケットとパンツがすごくお似合い(ハート)
 
途中、力宏とJayが隣同士になり、Jayがリーホンを褒め、
「唯一」を少しアカペラで披露。続いてリーホンがJayの才能を褒め称え、
(さすが褒め方上手いです)「黒色幽黙」を披露。(リーホンの方がたくさん歌った)なんだか披露宴で新郎新婦を褒め称えるの図のようでした。。。
 
カレン・モクとプレゼンテーターを務めたJayは超緊張の様子で
暗記した台詞を言うのが精一杯のように見えましたが、それは仕方ないですよねー、自分がノミネートされてる賞の発表ですもの。
カレン・モクに発表を託し、Jayは一歩下がってドキドキの瞬間。
香港朋友であるカレン・モク小姐は「黄」の発音がはっきりしなく、
「王」に聞こえ、「黄 力」がまるで「王 力」に聞こえ、「おおーリーホンやったか!」と思った瞬間・・・「行!」あれ?「黄 力行」でした。
リーホン、お気の毒です。 司会者の計らいでお気の毒なリーホンには
今をときめくトップモデル?の林志玲の抱擁サービス。
That's Taiwanです。
 
今回Jayは歌わず、ピアノだけでしたが、これはこれで聞き応えがありました。白いスーツのJayは黒、黒いスーツの宇豪は白いグランドピアノが用意され、途中スーパーマリオなど織り交ぜたオリジナル(今回は野球拳はなし)を披露。
 
ちょっとやりすぎ?と思ったのは視聴者の関心がそこにあるのを完全に意識した突っ込みの数々。P小姐に男性歌手に「私と桃子姐と林志玲の3人の中で誰と抱き合いたい?」と席に回って質問させ、黄力行やリーホンも
「Pを選ぶと誰かに殴られそうだし、、」とか「Pはもう相手がいるから」などとコメントさせるもの。(打ち合わせ済みかどうかはわかりませんが)
最後には外婆やママにも質問を投げかける始末、P小姐はさすがに気まずい様子でしたね。勿論二人はノーコメントで。
 
今回Jayのステージよりも長いかもしれなかったPさんの舞台。
超ミニの衣装でグランドピアノの上に乗り登場。昨晩夜中3時ごろまで
リハをしてたのはこれなのかな。
Pさんダンス終了後Jayを抜くカメラ。それに気づいたJayは親指と人差し指でVを作ってあごに当てポーズを決めておりました。
悔しいけど?可愛かったー
 
今年の金曲賞は海外からのお客さまも少なく、『台式』(台湾風)な感じを受けました。ま、でも毎年のことですが芸能人の皆さんは長時間大変ですよねー。
以上独断と偏見の金曲賞レポでした。
(記憶を頼りに書いたので実際と違ってたらすみませんー!)
 
たろ

香港映画「頭文字D」応援WEB署名作戦!

05cab0ac.gif

映画「頭文字D」への期待を伝えよう!

いよいよ今年、香港映画「頭文字D」がやってくる!
日本公開に向けて、私たちの期待を映画関係先に届けませんか?
「周杰倫日本演唱會誘致計画」では、応援WEB署名を募っています。周杰倫のファンに限らず、映画「頭文字D」に期待している、応援するぞ!と言う方、はぜひご参加ください。同時に日本公開時に実現してほしいことについてアンケートを取り、私たちの期待と合わせて伝えたいと思います。所要時間2分!ふるってご参加ください。詳しくは以下のページから

http://f2.aaa.livedoor.jp/~jayjapan/5_ws.html

締切は5月28日に延長!

明日、いよいよ台湾金曲奨!

こんばんはー。またもや2週ぶりのEmiiです。
誘致計画企画「頭文字D応援署名作戦」もいよいよ残すところあと1日!
皆様にご回答いただきました膨大な署名&コメントは、集計後に映画配給会社の方にお渡しする予定です。
残り1日・・・「すっかり回答し忘れていたわっ」と言う方もまだ間に合いますよ!!(笑) コチラ
 
明日は、いよいよ台湾金曲奨の授賞式!
今年の授賞式は、色んな意味で杰倫の動向が話題になっていますが、ファンシーとしては、杰倫と司会者の女(笑)の絡みよりも、杰倫が無事受賞できるかどうかが気になるところ。
台湾の音楽家にとって、この金曲奨で受賞することは、他のどんな賞を受賞することよりも、誇らしいもの。杰倫、Add Oil+!
自宅でTV鑑賞が出来ない私は、みなさまからの速報を楽しみにしています。
 
金曲奨に絡んで・・・、杰倫とPattyはリハーサルの為にすでに本日高雄入りしたようです。
2人そろって高雄入り?と一瞬ドキッしたあなた、ご安心を(笑)
現地報道によれば、飛行機も、宿泊先もリハーサルの時間も違うようです。 ←なぜか胸を撫で下ろすワタシ。
杰倫は表演にも力を入れているようなので、それも楽しみですね。
しつこいですが、みんなの速報を頼りにしてます・・・(笑)
 
そして、もうみなさまご存知かと思いますが、来週日曜(6月5日)台北にて「頭文字D 電影套票預售簽名活動」が行われる予定です!杰倫と黄秋生がサイン会に出席予定。開催場所は京華城B3 地心引力広場。予定では13:30頃に出演者が到着予定らしいです。 <未確認ですが。
現地でもイニD予行チケットが購入でき、先着500名(購入者のみ?それとも行列の先頭から500人なのか謎。)はミニプレゼントがもらえるんだとか。
 
ちなみに、その頃ワタシはなぜか香港に行ってます・・・(笑) ←ファン失格?
ではまた来週! 

【イニD】JAYのセリフ

イニD関連ニュースがだいぶ増えてきましたな。
 
先日、クルマ好き&イニD原作も知るうちのダンナくんに予告編を無理やり見せたところ、「ここまでやるとは・・・」とつぶやいておりました。確かに危険なシーンも多いし、なかなか実写でやろうなんて思わないかもしれませんね。
 
本日のYahoo!奇摩音楽ニュースによると・・・
「セリフはたったの120個」なんだそうです。
「セリフは少ないが、目と動作で『COOL』を演じている」のだとか。
続きを読む

「したり顔」のアイツ

ジェイ・チョウさんがどんな表情をしていようが、目はハートの私ですが、なかでも注目しているのが、彼の「したり顔」です。

【したり顔】したり-がお
うまくやったといわんばかりの得意そうな顔つき。三省堂提供「大辞林 第二版」より

いつも「酷」な顔つきで決めている(ことが多い)ジェイチョウさんですが、たとえば、演唱會でヒューマンビートボックスをばっちり決めた後などに「俺様はやったぜ!」という「したり顔」が(おそらく無意識のうちに)繰り出されます。
なかでも私の「大好物」は記者会見などで「面白い冗談を今いってるぜ!」といわんばかりの「したり顔」。
日本で行われた『頭文字D』の制作発表会見のときにも
「運転テクニックはパパラッチの追跡を逃げるときの経験が役に立つと思います。」という発言をしているときにこの「したり顔」が見られました。

ポイントは、「したり顔」なのにうつむき加減なところ。そう、ちょっと自信なさげにうつむきながら、しかし「したり顔」、しかも、自分の冗談に受けてさえいるジェイ・チョウさんが愛しくてたまりません(あほ)。

最近はあまりに「したり顔」が愛しすぎて、インタビュー記事などを見ると、「あ、これ言ってるとき絶対『したり顔』だったはず!」と想像するのすら楽しくなってきました。。。

ジェイ・チョウさんの独占インタビューを掲載してくださった大変ありがたいムック本「台湾スターお宝PHOTO BOOK」(双葉社刊)でも勝手に想像してみたところ、やっぱりありました!
以下、ほんとーに勝手な想像です。。(でも結構自信あり!)

続きを読む

期待と不安の上海コンサート

7187f2bd.jpg
上海のkanaです。先週の土曜(5月21日)、JAYが上海コンサートのお知らせに、上海にいらしてたようです。
 
事前に知っていれば、前回(イニDイベントでの失敗)のリベンジに、「JAY大好き・日本歌迷」の看板を持って、駆けつけたのですが、今回は後のニュースで知ったので、何のアピールもできませんでした。うーん、残念!
 
記者発表で、「7月1日にやります!」と名言してくれたので、延期で流れた蘇州や済南の二の舞にはならないようだと安心し、現在「非常期待!」の毎日です。
しかし、会見内容の中に、あたらな不安要素を発見し、あたふた・・・。
 
中国のコンサートでは、偽チケットなるものがけっこう出回るらしいのです。
記者が「すでにネット上では、チケットが販売されていますが・・・」と質問したところ、主催者の方が、「今、出回っているチケットはすべて偽モノです。本物は早くても5月末からの販売です。北京のコンサートでは偽チケットを買わされて、入場できず、入り口で泣いているファンを目にしました。みなさん、気をつけてください。(超要約です)」というようなことを言っておられました。
 
実は、私もネットですでにチケットを予約しているのですが、これが本当のチケットなのか偽業者かはどうにも判断できません・・・(モヤモヤ)。
「気をつけて」と言われても、どう気をつけたらいいものやら・・・(汗)。
まさか「お宅は偽業者?」と聞いて、「そうです」と言ってくれる訳もないし・・・。
 
チケットを手に、意気揚々と会場に出かけて「偽者でーす」と言われたら、ショックで倒れますよね(涙)。
うーーーん。非常に不安です(どよーーーん)。
 
1080元、他の地域よりかなり値段が高めなのも気になりますが、当面、いかにして「正規チケット」を入手するかが課題です。意外と日本の業者さん経由が一番確実なのかしら・・・?
 
(kana)
 



誘致計画 on Twitter!
こちらもかなりマイペースですが(汗)日本コンサートを願ってツイート中。 #請求杰倫日本演唱會
コメント

「誘致計画」にメール



2005年にスタートした
くのいちブログも気づけば
14年目突入でございます!
皆様に非常感謝!!
気長にお付き合い下さいね。

月別
  • ライブドアブログ