お久しぶりです。久々に大陸レポートにやってまいりました。

suqier現在、中国は年末のまっただなか。バタバタしているうちに「蘇乞児」の公開が明日にせまっておりました。はやっ!

街には、大看板がかかげられ、映画館にもそれなりの宣伝が(刺陵の時より地味です)。




さらにさらに、先週からは、テレビで「パンダメン」も始まっております
もう、年末で忙しい時に、いろいろ目白押しで、困るような嬉しいような・・・。

「蘇乞児」は出演者やストーリーよりも、「世界初!3Dカンフー映画」ということが話題になってます。
中国でも、アバターが空前のヒットを飛ばしたので、その流れで3Dブーム到来って感じです。嬉しいことだけど、アバターと比べられると思うと、ちょっとプレッシャーですね。がんばれ!

パンダメンのほうは、「さすが大陸・・・」というようなつっこみどころ満載の放映状況です。

まず、2月2日に予定されていた放送がさっくり3日にずれこみ、ゴールデンタイムにやると聞いてたのに、夕方5時からのスタートになってました。・・・まあ、いいです。こういうことには慣れてます。

当日は、突然、ケーブルテレビの接続が悪くなって見れないと困るので、1時間前の4時からテレビをつけてスタンバイ。
コメディ西遊記みたいなドラマをやっていて、学芸会風のかぶりものをかぶった孫悟空や猪八戒が活躍しています(パンダの前に孫悟空なんて・・・シンセンテレビさん、動物シリーズですか?)。
西遊記も終わり、あと、5分で「パンダメンだなー」とテレビの前でほんやり待っていると、ま、ま、まさかのフライング!
さんざん「5時から」って告知してたのに、なんだか、4時57分くらいに始まってしまいました。これでは、5時からと思ってテレビをつけたみなさんが、オープニングを見逃してしまうでしょっ!
放送日はさんざん遅れたのに、放映時間はフライングするなんて。アバウトにもほどがありますよ、シンセンテレビさんっ!

そして、規制でかなりカットされているらしい本編がスタート。カットされてるせいか、場面の切り替わりが早いです。SF、アクション、ラブストーリーがまざってて、出演者も多いので、がんばらないと話についていけなくなります。ネットじゃないので、一時停止もできないし。
こういう時は字幕だのみです。用意したおやつにも手をつけず、必死で字幕を追うワタシ
始まって10分もしないうちに、シンセンテレビさんからの「パンダクイズ」告知が始まりました。
「番組最後のパンダメンクイズに答えると、ジェイのサイン入りグッズがもらえるよ」、なかなか親切な告知ですが。
・・・あの〜、シンセンテレビさん、告知が字幕にかぶってますが〜
パンダクイズ告知のせいで、肝心の字幕がまったく読めません。しかも、何度も登場するんです、この告知。結局、なんでジェリーとガンホンが戦っているのかも、悪の組織が何をたくらんでいるのかもわからないまま、第1回終了。

おまけに、カット部分を補うためか、CMが異常に多いんです(ジェイ人気でスポンサーが大量についたのかもしれませんが)。中国ファンシーは「ドラマの間にCMがあるんじゃなく、CMの間にドラマがあるみたい!」って言ってました。
第1回に続いて第2回も放映されました(1日2話で毎日放映)が、カットしすぎて尺が足りなかったのか、最後の5分くらいは、藩達と小語のラブストーリー総集編(早くも総集編?)みたいなのが流れてました。

ジェイもかっこいいし、若者達はがんばってるし、ジェリーさんは華があるしの豪華なドラマなんですが、放映環境がすごく大ざっぱなんですー。
シンセンテレビさん、これじゃ、ジェイ・チョウ総監督に失礼ですよ〜。
ジェイ総監督、ごめんなさい(代わりに謝ってみる)。
でも、この環境に負けずに、「パンダメン」を支持している大陸ファンシーはやっぱりすごいです。

明日の蘇乞児はCMにも「パンダクイズ」にも邪魔されず、じっくり見れるはすなので、楽しんできます!

(kana)