bus旧正月後半は香港で遊んでました
香港のグリホは、グリーンカーペットも舞台挨拶もなく、かなり地味〜な感じで始まりましたが、それでも街けっこう加藤祭りです。

ジェイ・チョウが「台湾出身の人気アクションスター」だと紹介されることもない(笑)香港では、当然ながら告知はジェイ・チョウさんメイン。
友人から「今度の映画はジェイが主役なの?」と問い合わせが入るほど、加藤センターでした。(セス、ごめんよ…)

こちらは、チムサーチョイのバス停ポスター。確かに、どう見ても加藤が主役・・・。
香港の地下鉄には大きい動画広告があって、そこでもグリホを宣伝中。
こちらはチムの地下鉄。画像が何度も切り替わり、赤バージョンの加藤御一行がでてきます。
chim1

chim21chim31


モンコクの電気街には巨大な横長ポスター。小さい路地の間なので角度的に厳しいですが・・・。
mon1

モンコクの映画館では、台湾でLaraちゃん&Darrenが吹き替えをしているディズニー映画とツートップの扱い。楊社長、見てください!JVR祭りです!(香港ではAngelababyと余文楽の吹き替えらしいですが)。
mon2

電気街のSHOPではSony Ericssonの携帯とコラボ。なぜか、携帯を売りながらグリホの予告編を流してます(客寄せになるのかな?)。
mon3

chim4他の映画館のポスターも当然のことながら、加藤センターでしたが、残念ながら、日本の映画館のような円筒式ポスターはありませんでした。

香港では「加藤がかっこいい」ことが何より重要なのか、日本で話題になっていた「なぜ、この角度?これじゃ鼻の穴が…」版のポスターはありませんでした。
こんなにかっこよく、大々的にあつかってるんだから、グリホ御一行様、ちょっとくらい、香港にも寄ってほしかったな…。しょぼん。




mon4おまけでモンコクの信和中心の様子です。3階まで吹き抜けのエレベーターホールに超時代DVDの巨大ポスターがどどーんとあります。街のCD屋さんからは超時代DVDの曲が流れ、バス停ごとに加藤のポスターがあらわれる街
目から
加藤、耳から杰倫・・・。ただいま、ジェイ・チョウ天国です

今週やっと中国でも公開されたので(世界最遅?)、明日、もう一度、加藤を見に行こうと思ってます。
今回は、ストーリー、わかるといいなぁ…(遠い目)。

これまで、ことごとくエンディングを切ってきた中国の映画館ですが、明日はなんとかヌンチャクまで聞かせてくれますように…

(kana)