大変ご無沙汰しております(ペコリ)。前回の更新からはや半年…
「J momentが届いたらMVの感想を語り合いたい!」などと言いながら、語り合うどころかすっかりファンシー界から姿をくらましてしまいました…(汗)。「細く長く50年」といいつつも「細いにもほどがある!」と自分にツッコミを入れる日々でございます(恥)。
 
「驚嘆號」にうまく「(びっくり)」できず、びっくりどころか微妙にテンションが下がってしまい、このまま先細りでファンシー脱落か?と一人で不安になっておりましたが…
先日「十二新作」が届いて、息を吹き返しました!!

写真
いいですよね!十二新作!

このアルバムのおかげで、再び「ジェイさん、素敵!好聴!グッジョブ!」と心が明るくなりました。パカーン
毎日、「十二新作」を聴いているのですが、日本の片田舎で一人でときめいているのもつらい…と、ファンシーの香りを求めてこちらに参上したしだいです。 

ちなみに、おまけのポストカード、私が一番ときめいたのは写真のシルクハット先生ですなにかのフェチというわけではありませんが(多分)、裸体よりも素手、筋肉のよりも長い指にときめいてしまいました。

いつもはラジオで聴いてからCDが届くのですが、今回はラジオでの全曲お披露目を聞き逃したので、CDが届くまでおとなしく待つことにしました。
 
パッケージが豪華なこととジェイさんが筋肉を鍛えすぎてることに一抹の不安を感じなからの初聴き。
「四季列車」は「ああ、ちゃんとジェイらしいなぁ〜」くらいのテンションで終了でしたが…2曲目の「手語」がドキューンのど真ん中でしたもう、前奏の優しいピアノだけでドキドキ。出だしのスイートお砂糖ボイスでギュギュギューンと気持ちを持っていかれました
聴いてると、カツカツに乾いていた女子力ボトルに女子力ウォーターが満ちてくる感じで(わかりにくい…)。近年、心がおじいさん化していた私ですが、この曲で「日本女子」に戻れそうな予感アイヨアイヨアイヨの連発、ファソラシドファのゆるふわ感、Woo〜Babyの色っぽさ、久々に「おお!これがトキメキかぁ!」と実感できました。
ちなみに、この曲はチーム還暦の母も「何言ってるかわからないけどなんかいいわ〜」とほんのりときめいており、つかまり立ち中の0歳児(娘)も曲に合わせて体をゆらし、揺れすぎて倒れてました
やっぱり、ジェイさん、すごいですね〜還暦女子も0歳女子も同等にときめかせるなんて
 
2曲目ですっかり心を掴まれたので、その後はとっても気持ちよく「ジェイのペース」にはめられた感じでした。公公偏頭痛はMVがかわいかったし、CindyとのデュエットもGary、Laraちゃんとの合作も適材適所でよかったし。
3曲くらいハマる曲があると、アルバム全体を好きになりますね。
 
全曲好聴でしたが、今回は「手語」ですっかりラブラブモードに突入したせいか、切ない世界にひたれる「愛你沒差」やピアノが素敵な「夢想啟動」とかがツボでした。「愛你沒差」のドラマチックな感じはジェイの曲にありそうでなかったような…「夢想啟動」の前奏は郎朗さんですよね。素人の私にはジェイのピアノとの差がわかりませんが(汗)、こういう正統派のクラシックとRAPをサラっと融合させちゃうところがJAY式ですよね。最後にポロロンと残るピアノ音も好きでした。


最近、ファンシー力が急落しているのでよくわかりませんが、今回はJAY式王道のアルバムだったのかな、と思いました。幸い(?)電子ピコピコブームも去ったようだし、2曲くらい変わった感じの曲があって、中華風のRAPとラブソングが1曲ずつ、あとはきれいなメロディの曲を気持ちよく聴かせる、というのはジェイさんの王道なのかな、と。
 
毎年、いろんな挑戦をして新しいオレ様を見せてくれるジェイさんは大好きだし尊敬してますが、芸術肌でもない普通の小市民のワタクシとしては、時々、こういう王道アルバムで、ほんわか安心&がっつりトキメキをいただけるとありがたいです
 
この一年は十二新作のヘビロテでいけそうです。うふふ
 
すでにコンサートの話題もチラホラでてますね子連れで海外遠征は厳しいですが…このアルバムならピアノ一台で大きな演出なしでも素敵なコンサートになりそうですね(いや、それでもあの方は飛んだり消えたり燃やしたりするのでしょうが)。

誘致ツイッターでも発信されていたように、誘致計画第一弾から早10年、細く長くと言いつつも、近年「細すぎて」恐縮ですが、しつこく日本コンサートを待ち続けたいと思います。
次の更新はまた半年後になるかもしれませんが(大汗)、生暖かく見守っていただけると嬉しいです(ペコリ)。

(kana)