明日(といっても数時間後ですが・・・)1月18日は、周杰倫(ジェイ・チョウ)さん36回目のお誕生日
おめでとうございます!!!

とりあえずジェイさんのプライベートな事柄は置いておかせてください・・・ 

誘致計画的にはずーーーっと心苦しいことが・・・

ああ、とうとう “お返事” がいただけぬままこの日が来てしまいました・・・

ええ・・・昨年皆さんにご協力頂いたアンケート計画の事です。

当初、嬉しいお返事をJVRから頂戴してからの華々しいご報告を計画していたのですが・・・

既に計画をスタートして図らずも1年が経ってしまった今、もちろんご協力くださった皆様にも申し訳が立たないことであり、ずーーーっと皆さまに、ご報告がままならぬ心苦しさを抱えてまいりました。

そんなわけで、メンバー間で相談の上、本日現状についてご報告させていただくことにしました。

改めて、ご報告が大変遅れましたことを深くお詫び申し上げます。誠に申し訳ありませんでした。

同時に、引き続き、この件について働きかけを続けて参りますので、ご了解いただければ嬉しいです。どうかよろしくお願いいたします。


お詫びのBGV?にはこちらを・・・(あほ)
改めまして皆さまにはこのたびのアンケート計画へのご参加ご協力誠にありがとうございました。
皆さまに頂いた貴重な回答は、前回報告したような手順で報告書にまとめさせていただきました。

前回も触れさせていただきましたが、こういった作業を進めるまとまった時間をなかなか取れない状況に加え、途中、「作業モチベーションに影響する出来事」に打ちのめされたりして、時間は掛かってしまいましたが、メンバーで協力し合い、なんとか報告書をまとめることができました。
mosaic
モザイクですみません・・・

皆さんの声を結集した報告書が完成してからは「お届け作戦」へと突入しました。

過去の計画の報告などをご参照いただければと存じますが、実はこの「お届け作戦」がとても悩ましいものでした・・・

これまでの経験上、確実にジェイさんにお届けするには、「本人に手渡しする」ことがベストであることは分かっていました。しかし、この十数年の間にジェイさんを取り巻く状況も大きく変化し、かつて毎年のビッグチャンスであった「お誕生日会」も開催されなくなってしまいました。また、本当にたくさんの皆さんからお寄せいただいた声をまとめたものですので、なるべく相応しい手段で届けたいという気持ちもありました。

直接渡せないが確実に渡す方法、ということについては、メンバー間で、計画開始時から検討を重ねてきました。そこで一応の結論となったのが、確実にジェイさんのもとに届くと考えられるスタッフに郵送し、「ジェイさんが届けたものを受け取っている証明写真」をお願いする、というものでした。また、報告書完成以前から、日本のファンシーの思いが結集したプレゼントがおいおい届く(そして完成、発送後は、届いている)ということをいろんな方面からwしつこくお伝えし続ける、ということにしました。

しかして、予告を繰り返しつつ、完成した報告書は「ジェイさんが届けたものを受け取っている証明写真」をなにとぞくれぐれも!というお願いと共に郵送させていただきその到着も確認しました。

そして間接的にではありますが、ジェイさんに日本ファンシーからお届け物がある、ということは伝わっているというところ(またそのことについて、喜んでくださっているらしいこと)は確認することができました・・・

その時点で皆さまにご報告を・・・とも考えたのですが、僭越ながら、私たち誘致計画の活動は開始当初からジェイさんとその所属事務所には一応ご認識いただいているようですので、ここで公開した内容が、ジェイさんが現物を目にする前に伝わってしまう可能性がゼロとは言えない、という懸念がありました。やはりジェイさんには、日本ファンシーからの贈り物がある、ということは伝わっても、なるべくその内容についての情報は事前にお知らせすることなく、なるべく驚きをもって皆さんの声が中国語に翻訳された現物を噛み締めていただきたいと考えておりました。

何より皆さんの回答は、ジェイ・チョウさんご本人に伝える為にお寄せくださったものである、という点から考えても、ジェイ・チョウさん本人がこれを手にしたと確認できる前に公開することには抵抗があり、これまでの計画でも同様のタイミングで報告をさせていただいてきたので、「証明写真」を頂いてからご報告することにさせていただき、お届け後も、しつこくお届け済みのご連絡と証明写真のお願いをして参りましたが・・・が・・・

「証明写真」やお返事の類を頂けぬまま本日に至っております・・・

とにかく大きな原因として私たちが勝手ながら容易に想像できることは、昨年は、アルバム「哎呦,不錯哦」の制作スケジュールが著しく遅れただけでなく、ジェイさんご自身のプライベートの一大事のご準備も重なってしまってしまったということです。報告書を持ってパチリのほんの何秒かのお時間を取る事も大変難しいのだと思われます・・・(って若干恨み節!?)

さて、私たち誘致計画の今後のスケジュールですが、ジェイさんが「ライフイベント」を終えられた後に、なんとしても、「証明写真」を頂きたいと四方八方からプッシュして参りたいと考えています!

と、同時に、やはり、「そのとき」まで皆さんに報告書の内容をお伝えせずにいるのは、私たちとしても、既に大変心苦しいことになっており、不誠実であると思いますので、今後は、当初の考えを改め、少しずつ、内容についてこのくのいちブログにてご報告をしていくことにさせていただきたいと思います。

アンケート計画の現状はこのようなことになっています。
嬉しいご報告ではなく、誠に申し訳なく思っております。
どうかご理解頂ければ幸いです。

(誘致計画)