周杰倫に仕える「くのいちブログ」

「周杰倫日本演唱會誘致計画」スタッフによるブログ
(不定期更新)

ホームページURL jaychoujapan.the-ninja.jp

日本演唱會

ファンシーの面子に懸けて!

コンバンワ。Emiiです。
先週、台北に行っていた母から新譜「我很忙」預購おまけのカレンダーが届き、一人HIGHなワタシです。

いよいよ明日から、日本演唱会のWEB先行予約が始まります!

と言うわけで、今からドキドキしてしまって、なかなか寝付けません・・・。(といいつつ昼寝済)
今回も抽選のようなので、やっぱり「運次第」なのですが、誘致サイトでの先行予約の他、(既にご存知の方もいらっしゃると思いますが)様々な中華関係者さまの媒体、ショップなどで先行予約があるようです。ファンシーにとってはチケット確保のチャンスが増えるということで、「運」より「縁」を信じてチケットGETに勤しまなくては!

何としてでも、ここはファンシーの面子に懸けて、武道館を満員に!!と燃えているワタシであります。
フェイ・ウォンに続いて単独でライブを開く二人目の華人(ジェイチョウさん)がステージでしたり顔連発の姿(妄想)。そして、今回も東京開催だけですが、この武道館コンサが成功すれば、きっと次は「日本巡回」の夢も、遠くはないはず。。。。など、すでに2月以降のことも考えているワタシ。(あほ)


武道館コンサートまでの3ヶ月と10日余り。
誘致計画では、先行予約だけでなく、今後も武道館コンサを盛り上げるべく、様々な活動を計画中です。
勝手な構想としては、前年に引き続き「続・日本語教本〜武道館攻略編〜」とか、「謝謝」ボードならぬ「おかえり」ボード作戦、「武道館でこの歌が聞きたい!」など等。。。。皆様からの「こんな企画は?」等のリクエストも大歓迎です!


また、皆さんと共有できる最新情報があれば、ウェブサイト&メルマガで随時更新していきますので、どうぞ誘致計画ともどもよろしくお願いします。

しつこいですが、ファンシーの面子に懸けて、武道館「爆満」!!!


(Emii)

まだまだ引っ張る演唱会速報。

おはようございます。

すでに演唱会から2週間が経ちましたが、まだまだ引きずってます。。。
ファンシー症候群発病(?)で「ジェイチョウさん見るだけでお腹いっぱい」な毎日でしたが、次第に普通にお腹も空いてきました。。。回復の兆し?(笑)

今日は、会場にお届けした貢物を一挙公開!(正式報告は後日ウェブにて)
まず最初に、ご協力頂きました皆さま、ありがとうございましたm(__)m

その1) 会場入り口のお花台。 

花台1

 

 

 

 

 

 

 

 



        (撮影 Kana)

総勢71名のファンシー連名による豪華なお花となりました。
以前杰倫が言っていた「霍元甲」の「中西融合」なイメージを元に、「中西日融合」のイメージを出すべく、あのジェーン・パッカー様にお願いをして「オリエンタル」なお花を造っていただきました。

その2) 楽屋見舞いの品 

ジェイチョウさんはもちろん、演唱会に関わるスタッフの皆さま全てに楽しんでいただけるよう、「誘致計画特製 楽屋見舞い」を楽屋にお届けいたしました。
こちらもスタッフ全員で考えに考えた結果、ジェイチョウさんの好きな「復古調」を元に、私達日本ファンシーが小さな頃から馴染みのある「思い出の品(日本の駄菓子)」と、旧正月のお祝いも兼ねて、縁起モノ?ということでイタリア製のガラスポットに大量の「紅包」と「金貨」が詰まった「特製ポット」をプレゼントすることにしました。(ちなみに、こちらのテーマも「中西融合」)

当初、スタッフの中でも食べ物をプレゼントすることに抵抗がありましたが、「見るだけでも十分に楽しめるモノ」ということで、駄菓子に決定。

そして、この駄菓子、、、ただの駄菓子じゃないんです。。。(ちょっと自慢げ)

ジャジャーーーーン!(死語?) ↓

楽屋見舞い



 

 


 


                      (撮影 Kana、Emii)

1つ1つに「ジェイチョウ千社札」&誘致ロゴ付き!(笑)
ちなみに、この箱は全部で3箱。ジェイチョウさん宛ての1箱には、お花Aコースで
送っていただいた皆様からのお手紙を同封しています。

そして、「中西融合」ポットはこんな感じ。↓

楽屋見舞い1

 

 

 

 

 

 


   


  (撮影 SAORI、Hima)

台湾芸能界長者番付1位の男にちなんでみました。(冗談です)
とにかく金貨がわんさか、わんさか。
「見るだけでも十分に楽しめるモノ」になったことは言うまでもありません。


そして、、、後日談ですが、誘致計画に嬉しい消息が届きました。

なんと楽屋見舞いのお菓子をジェイチョウさん自ら「見た」と言ってくれた模様。
本人に見てもらえたことが、何より嬉しいですね。
またフォーラムの事務所にお届けしたものが、ちゃんと杰倫の元に届いていたようで、スタッフ一同ホッと安心しました。
お菓子箱に詰まったファンからのお手紙は、開演前のジェイチョウさんの「緊張ほぐし」になったのでは?と期待してます。
(一説には、緊張なんぞしない男だとも言われてますが。。。)

余談ですが、楽屋見舞い準備に奔走していた我々スタッフ、、、すっかり自分達の手紙をお菓子箱に同封し忘れていたのでした。。。。どこまでもあほ。


「謝謝!杰倫」企画に参加いただきました皆さま、本当にありがとうございました。当日は会場の至る所あちこちで「謝謝」ボードを持参してくださっている人の姿を拝見し、スタッフ一同感激していました。本当ならば、そのボードを持参してくれている人一人一人にお礼を述べてまわりたかったのですが、時間が足りずできませんでした。。。
演唱会で、杰倫の楽しそうな姿を見て、日本ファンシーの気持ちが、ステージ上の杰倫に必ず伝わっていると確信しました。日本式の観客のノリに杰倫も病みつきになってに間違いありません。(過信しすぎ?)
ホント、4年も待った甲斐が十分あった演唱会でしたねー。
次の演唱会が本当に待ち遠しいです。


演唱会速報とは話が剃れますが、、、前回Blogで言いそびれてしまったので、今日こそは。

演唱会に関してに快くご協力をしてくれた各サイトマスター様、本当にありがとうございました。また主催者様から頂いた大量のコンサートチラシを冬の寒い中、配り歩いてくれたマスター様、そして誘致計画サポートしてくれた皆様、本当にありがとうございました。

(Emii)

教科書ヒット率

0ad3848d.JPG

社会復帰できていません!(きっぱり)>Emiiさん

「まじめな学生シュウケツリンくん・続編」レポートです。
「ジェイの日本語教科書」作戦に参加してくださったMaryさんが、教科書から使われたと思われる(偶然かぶっただけ?いや、そんなことはないはず・・・)例文を抜粋してくださいました。(Maryさん、ありがとうございました)。
この場を借りて、ご報告させていただきます。

 

ヒット!(例文そのまま)
今日は日本ではじめてのコンサートです。とてもうれしいです。
(中文解説つき:最初の挨拶で日本語を言うと日本のファンが「驚喜」するよ)
こんばんは! 元気ですか?  ご飯食べましたか? 疲れた?
(↑これらは元々知っていたという説もありますが…)
好きですか?
(でも、その後の「後で電話する」は教科書にはありません。いったい、どこで誰が・・・?)
おはよう (中文解説:挨拶は時間帯によって違うよ)
何言ってんだよ! なにやってんだよ!だったかもしれませんが・・・。これも中文解説あり)
トイレはどこですか?


かすった?(例文とよく似たコメント)
来てくれてありがとう(確か、2日目の頭に言いましたよね?)。
一緒に!
(中文解説:日本歌迷は「しっかり聴く派」の人も多いので、一緒に歌ってほしい時は言ってね)
私の大切な人、おばあちゃんです
(中文解説:日本歌迷もおばあちゃんのことは知ってるので、紹介すると盛り上がるよ)

「中文解説つき」の例文は活用率が高かったようです(勝手に活用されたと判断)。

逆に、まったく活かしてもらえなかったコメントとしては、
「みなさんのおかげです。」
「いえ・・・まだまだです。」
「すみません。歌詞を忘れました。」
この3つ、言うべきシーンはたくさんあったと思うのだが・・・。

小天王ジェイ・チョウ様には、日本の美徳「謙虚・謙遜」は、まだ浸透していないようです(笑)。
そんな謙遜なし・したり顔だらけのジェイさんが、また好きだったりするのですが(←まだ夢の中)。

「我一定再来!」と言ってくれたようですし、張芸謀監督の映画出演も決まったようですし、まだまだ日本語披露のチャンスがありそう。
基本会話をほぼマスターしたと思われる(?)ジェイさん、次回来日までに、ぜひ、「いえ、まだまだです」を習得してください!

(kana)

【演唱会速報】 我一定再來!

社会復帰できてますか・・・・?

4年もの間待ち続けた日本演唱会が終わり、暫く現実に戻れないワタシです。
皆さまの暖かいご支援とご協力を頂きまして、本当にありがとうございました。
あんなに「したり顔」連発で、面白いくらい口が締まっていないジェイチョウさんを見たのは、初めてです。(きっぱり)
ある意味、歴史的な一場になったことは間違いありません!!


で、皆さま気になっていると思われるこの話題、

「誘致計画、今後どうなるの??」(笑)

「日本演唱会誘致計画」と言う大それた名前を付けてしまった我等。当初は、まさかこんなに早く演唱会が実現してしまうとは露知らず、、、。
日本演唱会実現の朗報を聞いた時も、イマイチ実感がわきませんでした。
チケットの売れ行き次第で、「もしかしたらこの演唱会が最初で最後かもしれない」(すまん杰倫)と本気で思っていた私たちであります。
だからこそ、演唱会まで「これでもか」と言わんばかりの企画を連発し、時間と無駄にひらめくアイディアと体力との戦いで身も心もボロボロで演唱会当日を迎えました。当初は、「演唱会成功と共に誘致計画クローズしよう」とコソコソ話していた私たち。

しかーーーーーーし!!!

聞いてしまったのです・・・この言葉を。


「我一定再來!」 (by チクタク杰倫)


その言葉を聞いて、前言撤回!(笑)
再び日本で演唱会が見たい。。。とジワジワと私たちスタッフの「やる気」が湧いてきました。(単純)
ご本人が「絶対戻ってくる」と言ってるならば、きっと戻ってきてくれることでしょう。(つか、戻って来てくれー)
その言葉に期待して、我々もながーーーく、ほそーーーく、どんな形であれ、体力の続く限り応援して行きたいと思います。皆さま、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。



。。。と言うわけで、次は「周杰倫日本巡回演唱会誘致計画」に改名?!




ウソです。

(Emii)

第2夜

忘れ難い夜(copy byジェイ・チョウさん)の第2夜・ファイナルが終わりましたね。(←ちかぞうさんより勝手にひきつぎ)

本当に本当に素晴らしいステージ&したり顔で、2日で2年分(いや、20年分?)の感動&幸せをもらった気分です。

コンサートの感想は、これからみなさんと一緒に、楽しくワイワイ語らせていただくとして、とりあえず、今日は、第1夜と違っていたところをご報告させていただきます(感動のあまり記憶があいまいな点もあるので、間違いがあったらご容赦くださいませ)。

曲目は、初日とほぼ同じでしたが、3曲目が「黒色毛衣」から「髪如雪」に変わってました。それから、「蝸牛」を歌うときに、自分でギターを演奏なさってました。この曲の時、ジェイさんは、なぜか「笑いがこらえきれない」というくらいにニヤついていらして(あくまで私の個人的な印象ですが)、ギターがうまいかどうかではなく、なぜそんなに笑うのかということが気になって仕方がありませんでした。「ギターがひける俺」をしたるにしては、あまりに激しい笑みだったような・・・。

新たな日本語(発言のたびにしたり顔つき)も追加されてました。「乱舞春秋」の間奏では、初日の「トーキョートーキョー」の代わりに、ものすごく流暢な発音で「トイレはどこですか?」とおしゃってました。その言い方がとっても「酷!」で、ちょっとクラッときました(←バカ)。あんなにクールでかっこいい「トイレはどこですか」は、今まで聞いたことがありません!それから、本日は「つっこみ」も登場しました。ギター演奏で出てきた蓋瑞に、わざと「おはよう」と言わせ(初日同様)、その後、「何やってんだよ!」とつっこみを入れ、「こんばんは」と訂正なさってました。さすがジェイさん!ボケとつっこみをわかっていらっしゃる!(←もはや、なんでも感動)。おばあちゃんの紹介も「私の大切な人、おばあちゃんです。」としっかり日本語で。ここまで「日本コンサート」のために仕込んでくれてるってことが嬉しいですよね。

今日の印象も初日と同じく、「とくかくジェイ・チョウさんが嬉しそう!」とうことが一番印象に残りました。これから、台湾に帰って、日本コンサートの感想をどんな風に語ってくれるのか、楽しみです。

これまでの誘致の活動や今回の日本コンサートを盛り上げてくださったみなさま、本当にありがとうございました!

(kana)

 

 

第1夜

忘れ難い夜(copy byジェイ・チョウさん)の第1夜が終わりましたね。

とにかく杰倫が嬉しそうに歌っていたのが(したり顔連発!)
ファンにとっても嬉しかったですね。

皆さまこの場をかりて、「謝謝ボード」&「周杰倫コール」ありがとうございました。
「周・杰・倫」でも「杰倫」でも、自分の名前が日本で呼ばれていることにきっと感動したと思います。

また、お花企画に参加してくださったみなさん。お花を無事ご覧になれましたか?
入場前にしか写真がとれないかと思いますが、グレー系の大きな器、桜をあしらったオリエンタルなものです。たくさんの方にご参加いただきまして、「こじんまりと」と思っていたのが想像以上に立派なお花になりました。

明日もファンシーがジェイ・チョウさんにとっての「忘れ難い夜」を作ってあげられたら嬉しいですね。

取り急ぎ。。。

みなさまお風邪など召されませぬよう。。(って私ももう休みます、明日が会社つらいですね。。。)

(ちかぞう)

 

第1夜

忘れ難い夜(copy byジェイ・チョウさん)の第1夜が終わりましたね。

とにかく杰倫が嬉しそうに歌っていたのが(したり顔連発!)
ファンにとっても嬉しかったですね。

皆さまこの場をかりて、「謝謝ボード」&「周杰倫コール」ありがとうございました。
「周・杰・倫」でも「杰倫」でも、自分の名前が日本で呼ばれていることにきっと感動したと思います。

また、お花企画に参加してくださったみなさん。お花を無事ご覧になれましたか?
入場前にしか写真がとれないかと思いますが、グレー系の大きな器、桜をあしらったオリエンタルなものです。たくさんの方にご参加いただきまして、「こじんまりと」と思っていたのが想像以上に立派なお花になりました。

明日もファンシーがジェイ・チョウさんにとっての「忘れ難い夜」を作ってあげられたら嬉しいですね。

取り急ぎ。。。

みなさまお風邪など召されませぬよう。。(って私ももう休みます、明日が会社つらいですね。。。)

(ちかぞう)

 

演唱會虎の巻?!

いよいよ「周杰倫無與倫比日本演唱會」がこの日曜日に迫ってまいりました!!
遠足の前日の子供どころの騒ぎじゃありませんよね、皆さん!

さて、BBSあか板でも演唱會どんな風に楽しめばいい?といった話題がたくさん出てきています。そこで、皆さんからの知恵?!をシェアする場として、くのいちブログを利用してみたいと思います。

今まであか板にお寄せいただいた情報などをここに整理しつつ、ご提案やこんなのもあるよ!といったものはお気軽にコメントに書き込んでくださいね。(時間的にアップデートは出来ないと思いますので、予めご了承くださいませ)

当然ながらあくまで参考としてご覧ください。決して強制するものではありません。

<合いの手?!(一緒に歌うサビ)編>

  • 「雙截棍」:「幹什麼? 幹什麼?」「哼哼哈兮」「仁者無敵」「風生水気」「飛簷走壁」「一身正気」
  • 「忍者」:「はいはいはい わかりました」「1、2、3、4!」
  • 「開不了口」:「沒有ni在我有多難熬多煩惱」
  • 「安静」:「是因為我太愛ni」
    (以上胡桃さんより+ちかぞうちょこっと追加)
  • 「晴天」:「ソソシドシラソラシシシシラシラソ」
    (以上Emiiさんより)
  • 「簡単愛」:「想〜簡簡単単愛〜」

<ボード&うちわのマナー編>

ボードやうちわを掲げるのは顔の高さまでに留めましょう!

そして、アンコールは「周・杰・倫!(ジョウ・ジエ・ルン!)」&「謝謝ボード」で!
(すいません、これは「謝謝!周杰倫企画」です。。)

 

 

 

続きを読む



誘致計画 on Twitter!
こちらもかなりマイペースですが(汗)日本コンサートを願ってツイート中。 #請求杰倫日本演唱會
コメント

「誘致計画」にメール



2005年にスタートした
くのいちブログも気づけば
11年目突入でございます!
皆様に非常感謝!!
気長にお付き合い下さいね。

月別
  • ライブドアブログ